首都高に大量の割り箸

トレーラー出火で荷台からおろす

5日未明、首都高速道路で火事を起こしたトレーラーに積まれていた大量の割り箸が、消火活動のため荷台からおろされて道路をふさぎ、およそ9時間にわたって車線規制が行われました。

 警視庁などによりますと、5日午前4時半ごろ、葛飾区堀切の首都高速中央環状線の堀切ジャンクション付近で、走行中のトレーラーの右の後輪がパンクして火が出ました。トレーラーは、割り箸が入った段ボールおよそ1000箱を荷台に満載していて、火が燃え移らないように外に出されたため、一時、大量の割り箸が道路をふさぎました。

 東京消防庁などによりますと、火はおよそ2時間後に消し止められ、けが人はいなかったということです。

 散乱した割り箸の清掃作業などのため、警視庁は午後1時半ごろまで、およそ9時間にわたって片側2車線の道路のうち1車線の走行を規制しました。(05日14:16)

  記事・TBS ニュースより引用

大量の割りばし、もったいないけど燃えて大火事にならなくて良かったです。

自分も事故を起こさないように最善の注意を払おうと思います。

常連のお客様、ご新規のお客様、お店のスタッフさん、プリメリア運転代行にお電話頂きありがとうございます。


またのご利用をお待ちしております。