沖縄都市モノレール(ゆいレール)

開通から14年、ゆいレール乗客2億人達成 記念品贈呈

沖縄都市モノレール(ゆいレール、美里義雅社長)は13日、2003年8月の開通から約14年2カ月で乗客が2億人に達したと発表した。1億人を達成したのは開通から約7年8カ月で、当時に比べ約14カ月早いペースで2倍に増えた。県内の好景気を受け、県民の利用が増えた上、国内外からの観光客の増加も追い風となった。

同日、県庁前駅で達成式典があり、2億人目の乗客となった那覇市の専門学校生・金城華琳さん(19)に認定証と記念品などが贈られた。金城さんは「うれしいです。安くて、いつでも、どこにでも行けて便利。ゆいレールをもっと利用したい」と喜んだ。


 美里社長は「多くの地域のお客さま、観光客に愛され、この日を迎えられた」と感謝。19年には浦添市への延長ルート開業により4駅増えるとし、「さらに多くのお客さまにご利用いただけると思う」と話した。

記事・沖縄タイムスプラスより引用

モノレールが走って14年になるんですね(^.^)自分未だにモノレール乗った事ないです。アハハハ

いつか乗りましょう(^^)/

常連のお客様、ご新規のお客様、お店のスタッフさん、プリメリア運転代行にお電話頂きありがとうございます。


またのご利用をお待ちしております。