マーチング全国大会

西原高校、5年連続最優秀賞

第45回マーチングバンド全国大会(主催・日本マーチングバンド協会)が16、17の両日、埼玉県のさいたまスーパーアリーナで開かれ、沖縄県代表の県立西原高校が高校中編成の部(55~90人)で、5年連続となる最優秀賞に輝いた。金賞を受けた5団体の中から選ばれた。


 ジャズをベースに、映画「バーレスク」の音楽を織り交ぜた構成。65人のメンバーが一体感のある演奏演技を披露し、観客から大きな拍手が送られた。ホルン担当で3年の宮里花恋部長(18)は「悔いのない演技ができた。(全部門の1位に当たる)グランプリは逃したので、次の代で頑張って達成してほしい」と話した。


 小学生の部でうるま市立高江洲小(小編成)、読谷村立渡慶次小(大編成)、中学生大編成の部で宜野湾市立真志喜中、うるま市立具志川中が銀賞を受賞した。

記事・沖縄タイムスより引用

昔から西原高はマーチングバンド有名でしたよね〜さすがですね。おめでとうございます。

常連のお客様、ご新規のお客様、お店のスタッフさん、プリメリア運転代行にお電話頂きありがとうございます。



またのご利用をお待ちしております。