沖縄で二輪事故が多発 

死亡24人、過去10年で最悪 未成年6人も

沖縄県内で二輪車の死亡事故が多発している。県警によると、今年は29日までに交通人身事故で41人(速報値)が死亡し、うち24人が二輪車に乗車していた。過去10年間で二輪乗車中の死者数が最も多かった2009年の21人を上回っており、県警は「事故は年末に増える傾向がある。事故防止に努めてほしい」と呼び掛けている。


 県警交通企画課によると、今年のバイク事故の死者数は昨年1年間と比べて約1・6倍に増加。24人中6人は未成年だった。事故の形態は単独事故が12件で最も多い。


 交通死亡事故全体の特徴は、8月末までが大型バイクによるツーリング中の単独事故や国道など主要道路での発生が多かった。一方、9月以降は昼間の生活時間帯、県道や市町村道など生活道路での事故が多いという。


 石川署管内では10月31日から今月29日の約1カ月間、交通事故で4人が死亡した。署は30日、非常事態を宣言し、関係市町村と事故抑止に向けた連携を確認する。


 県警は年末にかけて、飲酒運転の取り締まりを強化するほか、パトロール中にパトカーの赤色灯を回すなどして「運転者に緊張感を持たせ、事故防止につなげたい」と説明。「夜間はハイライトを小まめに使い、運転し慣れた道路でも安全確認をしっかり行ってほしい」としている。

記事・沖縄タイムスより引用

バイクの事故が多発しているみたいです。気をつけてバイク乗りましょう。

常連のお客様、ご新規のお客様、お店のスタッフさん、プリメリア運転代行にお電話頂きありがとうございます。


またのご利用をお待ちしております。