ヴィラボーラ 

コテージ型宿泊施設「ヴィラボーラ」が来月開業 沖縄県宮古島

オーシャンズリゾート(沖縄県宮古島市)が運営するコテージ型の宿泊施設「ヴィラボーラ」が12月、同市の城辺保良に開業する。1戸建てで全47棟。同社では「宮古島の東海岸線のリゾート施設として、島の観光振興に貢献していきたい」と話している。



 この施設は、同社が運営するゴルフ場・オーシャンリンクス宮古島の入り口向かいに整備したもの。敷地面積は1万6000平方メートル。



 コテージは1棟貸切で、面積は52平方メートル。寝室と居間、トイレ、シャワーのほか、野外テラスにはプライベートプールとジャグジーが付いており専用駐車場も完備している。



 ゴルフ場にある電動カートの貸し出しで、クラブハウス棟への往復も可能だ。同社は、ゴルフ場と宿泊施設の一体性を強調し、「早朝からゆっくりとゴルフができる旅行プランを提供していきたい」と話している。



 また、東平安名崎沿いの海岸を利用したマリンレジャーサービスも計画。ボートの底が透明のスケルトンカヌーを導入し、船底から海中観察を楽しんでもらうことにしている。



 客層は県内外のゴルフ愛好者や家族連れ、若者などをターゲットに、韓国や香港、台湾などからの外国人観光客にも期待を寄せている。開業に合わせて約20人の従業員を採用するなど、地域の雇用も創出した。



 同社総支配人の大見謝武彦さんは、「宮古観光の一翼を担う施設にしていきたい」と話した。地元保良にこだわり、宿泊施設名の「ヴィラボーラ」は「保良」から取ったという。12月1日には関係者約200人を招いてオープンセレモニーを開催する予定だ。



 宿泊は1~4人まで。問い合わせは「ヴィラボーラ」代表(電話0980・77・8012)まで。

記事・ヤフーニュースより引用

なんか良い感じのホテルですね。

釣りで宮古島行ったら絶対に泊まりましょうアハハハ

常連のお客様、ご新規のお客様、お店のスタッフさん、プリメリア運転代行にお電話頂きありがとうございます。


またのご利用をお待ちしております。