与根漁港にイルカ

イルカ、一夜明けたらいなかった 漁港から姿消す

沖縄県豊見城市の与根漁港に迷い込んだマダライルカ1頭は、26日午前6時40分ごろまでに同漁港から姿を消した。糸満漁協与根支部の大城勲支部長(67)が確認した。沖に出たかどうかは不明で、25日午後7時ごろまでは漁港にいた。


 マダライルカの生態に詳しい「沖縄美ら島財団」職員によると、迷い込んだ1頭は少し痩せているように見え、群れからはぐれていることから健康状態に問題があるとみられる。


 大城支部長は「海にいた生き物だから、沖に出ているといい。自然界に戻ることがベスト」と話した。

記事・沖縄タイムスより引用

与根漁港地元です。イルカ見たかったですね(^.^)

常連のお客様、ご新規のお客様、お店のスタッフさん、プリメリア運転代行にお電話頂きありがとうございます。


またのご利用をお待ちしております。