全島エイサー

地域芸能多彩に

「第62回沖縄全島エイサーまつり」(主催・同実行委員会=沖縄市、琉球新報社、沖縄テレビ放送、市観光物産振興協会、市青年団協議会)が15日、沖縄市胡屋十字路周辺の国道330号やコザゲート通りで行われる「道じゅねー」で開幕する。台風18号の影響が残っており、天候によって実行委で中断、中止を判断する可能性もある。



 初日の15日は午後6時半~9時の間、国道330号からゲート通りで、市内外の団体が演舞を披露する。ゲート通りには2カ所の演舞場も設けられる。午後5~10時は会場周辺の交通が規制される。



◆あすは午後4時開始予定へ変更


 16日にコザ運動公園陸上競技場で開催される第39回沖縄市青年まつりは、予定より1時間遅い午後4時開始となる。台風で会場準備に影響が出ているため。終演は午後9時で変更はない。17日午後3~9時には同競技場でエイサーまつり本祭が開かれる。16、17の両日の終演前にはレーザーショーと打ち上げ花火を予定している。

記事・琉球新報社より引用

凄く迫力あるんでしょ〜ね。一度は観たいですねアハハハ

常連のお客様、ご新規のお客様、お店のスタッフさん、プリメリア運転代行にお電話頂きありがとうございます。


またのご利用をお待ちしております。