台風18号

17日日曜日に九州に接近または上陸の恐れ(14日10時現在)

非常に強い勢力の台風18号(タリム)は、勢力を維持しながら久米島の西約230kmを、1時間におよそ15km/hの速さで北北西へ進んでいます。


 昨夜、50年の1度の大雨を観測した宮古島ではこのあとも雨が降りやすい状態が続くため、低い土地の浸水や土砂災害には厳重な警戒が必要です。


 このあと、しばらく北寄りに進んだ後、東シナ海で東寄りに向きを変え、九州に接近または上陸する可能性が高くなっています。3連休は日本列島を縦断する恐れもあるため、今後の動向に注意が必要です。


※タリム:フィリピンの言葉で「鋭い刃先」


▼現在の情報(14日9時実況)

 大きさ    --

 強さ     非常に強い

 存在地域   久米島の西 約230km

 方向・速さ  北北西 15km/h

 中心気圧   935hPa

 最大風速   50m/s

 最大瞬間風速 70m/s



【宮古島市で50年の1度の大雨を観測】

 宮古島市城辺では、14日6時までの24時間雨量が533mmに達し観測史上1位の値を更新するなど、各地で激しい雨となっています。


◆24時間降水量(14日9時まで)

 城辺  533.0 mm(観測史上1位)

 宮古島 479.0 mm(観測史上1位)

 下地  431.0 mm


 15日6時までの24時間で予想される雨量は、いずれも多い所で、沖縄地方で200mm、奄美地方で150mm、九州南部で120mmとなっています。低い土地の浸水や土砂災害には厳重な警戒が必要です。



【沖縄県では一時2万戸以上停電】

 沖縄電力によると台風18号の影響で、昨夜は宮古島市を中心に一時2万戸以上が停電し、14日10時現在でも1万8,600戸が停電しているとのことです。



【3連休は日本縦断の恐れ】

 台風18号は先島諸島を通過して中国大陸に接近した後、進路を東に変えて九州に接近または上陸する可能性が高くなっています。3連休は日本列島を縦断する恐れもあるため、今後の動向に注意が必要です。


※14日(木)夕方には、3連休の本州への影響をお伝えできる予定です。

記事・ウェザーニュースより引用

台風宮古島に被害あったみたいです。内地に向かっているみたいです。台風対策しましょう。

常連のお客様、ご新規のお客様、お店のスタッフさん、プリメリア運転代行にお電話頂きありがとうございます。


またのご利用をお待ちしております。