道の駅 ゆいゆい国頭

和そばにイノブタ、シークヮーサーソフトも! 沖縄・本島北部「道の駅」の絶品グルメ

やんばるへ行くなら立ち寄りたいのが道の駅。

地元の特産品を使ったおいしいものがたくさんある。


道の駅ゆいゆい国頭


イノブタ肉で二刀流丼


 「道の駅 ゆいゆい国頭」内にある「レストランくいな」にはイノシシと豚をかけ合わせたイノブタの肉を使ったメニューがある。イノブタ丼は別名「二刀流丼」(900円)。


 国頭村は日本ハムファイターズ2軍のキャンプ地。大谷翔平選手にちなんで、豚とイノシシの二刀流、さらに大谷選手の剛速球がキャッチャーミットに収まる「ドン」という音を合わせて「二刀流丼」だそうだ。


 ちょっぴり甘辛のたれがからみ、こしょうもきかせた肉と野菜がご飯の上に。イノブタ肉は豚よりタンパク質が多く、脂質が少ない。


 「女性もぺろりといけますよ」とゆいゆい国頭総務統括の田場聡さん。ボリュームのあるイノブタそば(800円)も合わせて大人気だ。


 イノブタは、1981年に村内農家の宮里栄さん(同じく道の駅の食事処「わぁ~家~」オーナー)が家畜の豚と野生のイノシシをかけ合わせておいしい肉を作れないかと交配をしたのが始まり。えさを工夫するなど改良を重ねてくせのない食べやすい肉を作ることができた。


 ゆいゆいがメニュー開発し7年前からイノブタそばを限定販売。現在では安定供給が図られており、いつでも食べられる。


やさしい甘さ「いもがたり」


 昨年オープンした別棟のフードコートにある「YUI Cafe」では、村内産安納芋を使った焼き菓子「いもがたり」を5月から販売。


 しっとりとしたパウンドケーキの生地に安納芋を練り込み、さらに県産はちみつに漬けカットされた安納芋も混ぜ込んでいる贅沢さ。やさしい甘さが口に広がる。


 1個150円、5個入り864円、10個入り1458円。お土産にも最適。




★info★

 国頭村観光物産センター 道の駅ゆいゆい国頭


沖縄県国頭郡国頭村奥間1605


電話…0980(41)5555

 9:00~18:00


レストランくいな…11:00~16:00

Yui Cafe…11:00~17:00



うちな〜北部にグルメが有るんですね、皆様、是非うさがみそ~れ~。

常連のお客様、ご新規のお客様、お店のスタッフさん、プリメリア運転代行にお電話頂きありがとうございます。


またのご利用をお待ちしております。