夏なのに… 那覇市でインフルエンザ

注意報発令

那覇市保健所は5日、インフルエンザの流行が拡大する恐れがあるとして、市内にインフルエンザ流行注意報を発令した。市内12定点の患者報告数は、第26週(6月26日~7月2日)に1定点当たり10・25人となり、注意報発令基準の10人を超えた。同所は手洗いやうがい、室内の換気など予防を呼び掛けている。


 第25週には中学1校と小学2校の計3クラスが学級閉鎖。保育所1園から集団発生報告があった。


 那覇市は1月下旬から5月上旬までインフルエンザ流行警報を発令。B型に加え、例年は夏場に落ち着くA型の感染が続いているという。


 県によると、南部保健所でも注意報レベルとなる1定点当たり11・14人の患者報告数があり、那覇市や南部地域を中心に患者が増えている。

記事・沖縄タイムスより引用

えっ⁉️夏なのにインフルエンザなんでかねアハハハ

気をつけましょう

常連のお客様、ご新規のお客様、お店のスタッフさん、プリメリア運転代行にお電話頂きありがとうございます。


またのご利用をお待ちしております。