県警が夏服に衣替え

県警(池田克史本部長)は1日、制服を合服から夏服へと衣替えした。1日午前、那覇市泉崎の県警本部で、池田本部長による制服や装備品の点検が行われた。

 点検には各課から106人が参加した。警察官たちは背筋を伸ばして整列し、号令を受けながら警察手帳や警棒、拳銃などの装備品を素早く取り出して確認した。

 刑事部捜査第1課機動捜査隊の稲福千景巡査部長(26)は「大型連休で人の流れも激しくなる中、県民の安心安全に応えるために、素早く現場臨場できるように心掛けたい」と表情を引き締めた。【琉球新報電子版】

嫌いな夏っが来ますなっ、秋まで冬眠しますアハハハ。

常連のお客様、ご新規のお客様、お店のスタッフさん、プリメリア運転代行にお電話頂きありがとうございます。


またのご利用をお待ちしております。