WBC 3月15日の試合

侍J、全勝で準決勝へ 6回に一挙5点、イスラエル破る

野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は15日、東京ドームで2次リーグE組の日本―イスラエルがあり、日本が8―3で勝った。日本は2次リーグを3戦全勝としてE組1位となり、米国で開かれる準決勝進出を決めた。

 【一回表】

日本の先発は千賀。フルドに右前安打を打たれたが、ケリーを遊ゴロ併殺に。デービスを空振り三振。

 【一回裏】

 イスラエルの先発はザイド。山田が左前安打で出塁し、菊池の空振り三振の後、二盗に成功。青木が左飛、筒香が三ゴロに倒れた。

 【二回表】

 フレイマンは右飛、ボレンスタインは二ゴロ。ラバンウエーに四球の後、ガイレンを三邪飛に打ち取った。

 【二回裏】

 内川が四球。坂本勇の右前安打で無死一、二塁。鈴木の遊ゴロで二封され、1死一、三塁。松田の一飛の後、鈴木が二盗を決め、二、三塁としたが、小林が見逃し三振に倒れた。

 【三回表】

 クリーガーが死球で出塁し、バーチャムの犠打で1死二塁。フルドの二ゴロで三進したが、ケリーが見逃し三振。

 【三回裏】

 山田が左前安打。菊池の三振の後、青木の一ゴロで二進。筒香は四球を選んだが、内川が遊ゴロに倒れた。

 【四回表】

 デービス左飛、フレイマン三振、ボレンスタイン投ゴロで、この試合両チーム初の三者凡退に。

 【四回裏】

 坂本勇が二飛。鈴木が左前安打で出塁したが、松田の三ゴロで二封され、2死一塁。小林は右飛に終わった。

 【五回表】

 ラバンウエーが一邪飛、ガイレンが一ゴロ、クリーガーは空振り三振に倒れ、三者凡退。

 【五回裏】

 アクセルロッドが2番手で登板。山田と菊池がともに遊ゴロに倒れ、青木は遊直で三者凡退。

 【六回表】

 日本は千賀に代わって平野が2番手で登板。バーチャムが三ゴロ、フルドが二ゴロ、ケリーは空振り三振。

 【六回裏】

 筒香が中堅右にソロ本塁打を放り込み、均衡を破った。内川が四球を選び、坂本勇の中前安打で無死一、三塁と攻めたところで、イスラエルはソーントンが3番手で救援。鈴木の三ゴロで1死一、二塁となったが、松田が左翼フェンス直撃の二塁打を放ち、2点目。さらに1死二、三塁で小林の投前へのぼてぼての当たりが適時内野安打となり、3点目。山田が敬遠されて1死満塁となり、菊池が右前適時打を放って4点目を加えた。

 イスラエルはカッツが登板したが、青木に押し出し死球で5点目。筒香三振の後、ゴールドバーグが登板。内川が三振に倒れたが、日本はこの回、一挙5点を奪った。

 【七回表】

 デービスが右飛。フレイマンが左翼線二塁打を放ったところで、日本は宮西が3番手で登板。ボレンスタインを空振り三振、ラバンウエーを遊ゴロに打ち取り、ピンチを脱した。

 【七回裏】

 坂本勇が右前安打で出塁し、鈴木の犠打で二進。松田は左飛。小林の四球で2死一、二塁としたが、山田が左飛に打ち取られた。

 【八回表】

 日本は宮西に代わって秋吉が4番手で登板。ガイレンを空振り三振、クリーガーを遊ゴロ、バーチャムを捕邪飛と三者凡退に切って取った。

 【八回裏】

 菊池が遊ゴロ。青木が左中間二塁打。筒香が敬遠四球で1死一、二塁となり、内川が三塁線を破る二塁打で2点を加えた。坂本勇が四球。イスラエルはレーキンドが救援。鈴木が三振の後、松田の中前適時打で8点目を加えた。暴投で2死二、三塁となったが、小林が遊ゴロに倒れた。

 【九回表】

 日本は牧田が登板。フルドが四球、ケリーの中前安打で無死一、二塁とし、デービスの右中間適時打で1点を返した。フレイマンの右飛の後、ボレンスタインの投ゴロが牧田の二塁悪送球を誘い、1死満塁。ラバンウエーが左前へ2点を返す二塁打を放った。だが、牧田はガイレンを中飛、クリーガーを見逃し三振に切って取り、日本が8―3で粘るイスラエルを下した。

記事・朝日新聞デジタルより引用

日本代表めちゃめちゃ強いですね。次はロサンゼルスですね。

自分もロサンゼルス行きましょアハハハ

常連のお客様、ご新規のお客様、お店のスタッフさん、プリメリア運転代行にお電話頂きありがとうございます。


またのご利用をお待ちしております。


090-6859-4346 📲