観光客、いらっしゃ~い

1月の沖縄観光客は65万人 16年度目標840万人達成の公算

沖縄県文化観光スポーツ部が20日に発表した1月の入域観光客数は65万3千人(前年同月比12・3%増)で、1月としての過去最高を更新した。前年同月を上回るのは52カ月連続。2月と3月の入域観光客数が前年並みの場合、16年度の総数は目標の840万人を超え、過去最高を4年連続で更新する。


 1月の入域観光客数の内訳は、国内客が77・5%を占め、前年同月比3万9100人(8・4%)増の50万5800人。8・4%は昨年4月以降の伸び率としては最高で、1月の国内客は今回初めて50万人を超えた。個人旅行を中心に好調で、夏に拡充された航空路線が冬も運航を継続したことが背景にある。


 外国客は前年同月比3万2300人(28・1%)増の14万7200人。春節(旧正月)の旅行需要だけでなく、韓国客の間でサイクリングイベント、香港客の間でホエールウォッチングやさくらまつりなどのオプション付き旅行商品が人気だった。台湾客は、前年同月に1回のみだったクルーズ船の寄港が7回に増えた影響もあり、航空機で来沖した客と合わせると前年同月比73・9%増に達した。


 2月は国内客、外国客とも堅調の見込み。ピーチによるタイ-那覇の新規就航、フジドリームエアラインズによる名古屋-宮古のチャーター便(4往復)、タイガーエア台湾による台北-那覇の増便(週7往復から週11往復)などがプラス要因とみられている。

記事・沖縄タイムスより引用

うちな〜超〜人気なんですね。凄いさ。

めんそーれー

常連のお客様、ご新規のお客様、お店のスタッフさん、プリメリア運転代行にお電話頂きありがとうございます。


またのご利用をお待ちしております。


📱  090-6859-4346