812 スーパーファスト

フェラーリの新型12気筒は800馬力!812 スーパーファストが登場

フェラーリは2月16日、F12 ベルリネッタに変わる新型12気筒クーペとして、812 スーパーファストを発表した。シリーズプロダクションとして同社史上もっともパワフルなモデルの登場だ。


■フェラーリ最後のV12自然吸気エンジン


フェラーリ 812 スーパーファストと名づけられたニューモデルは、800馬力の6.5リッターV型12気筒エンジンをフロントに搭載する後輪駆動車だ。一般公開は2017年3月初旬にスイス・ジュネーブで開催される自動車ショーを予定している。


フェラーリ 812 スーパーファストは、2012年に発表されたF12 ベルリネッタ(740馬力)の後継モデル。静止から時速100kmまで加速タイムはわずかに2.9秒で、先代の3.1秒から0.2秒も縮めた。「走りに徹し、一般道でもサーキットでも胸のすくようなドライビングを楽しんでいただけるよう設計」されているとフェラーリはプレスリリースで謳う。


65度のバンク角を持つ最新の自然吸気V12エンジンは、588kW(800ps)の最高出力を8000rpmで、718Nmの最大トルクを7000rpmで発生する。完全にレースカーのような設定だ。今回、エンジンを高性能化できた背景として、350バールの燃料直噴システムと可変インテークシステムの採用をフェラーリでは挙げている。


またフェラーリ 812 スーパーファストは、シフトタイムのさらなる短縮を実現するため、高度に調整されたツインクラッチ式の7段ギヤボックスを採用。スロットルレスポンスを高めた。


もうひとつ特筆すべきは電動パワーステアリングの採用だ。実装した理由としてフェラーリでは「車体電子制御システムと完全に統合することで、パワフルかつ機敏なハンドリングを得ることができる」としている。


さらに812 スーパーファストでは、「バーチャル・ショートホイールベース(2.0)システム」をも採用する。これは端的にいうと前輪の切れ角に応じて後輪に舵角を与えるもので、コーナーリング性能の向上に寄与する。


■スタイリングは365GTB4をオマージュ


フェラーリ 812 スーパーファストのスタイリングは特徴的だ。言ってみれば、F12ベルリネッタより吹っ切れた感じがある。一目でフェラーリの新型とわかる湾曲した面とシャープなラインで構成された形状は、ライバルとは一線を画す。


ショートテールのファストバックボディは、シリーズプロダクションモデルとしてフェラーリ史上最高の800馬力というパワーアップへの漸進的進化を象徴するかのように、従来のフロントエンジンモデルのスタイリングテーマを発展させたものだ。


ボディは美のためだけにデザインされているのではない、とフェラーリ。アンダーボディ前部にはアクティブフラップなる空力のためのデバイスが組み込まれた。同時にボディ後方側面にはダウンフォースを生成させるエアロダイナミックバイパスも設けられている。「スタイリングとエアロダイナミクスの機能のシームレスな統合」がテーマなのだと説明される。


全体のスタイリングは「1969年の輝かしい名車365GTB4(通称デイトナ)を想起」させるとプレスリリースではマニアックな書き方をする。引用が上手なフラビオ・マンツォーニ率いるフェラーリ・スタイリングセンターならではの仕上がりといってもいいだろうか。


ボディサイズは、全長4657mm、全幅1971mm、全高1276mm。重量は1525kgとなる。日本での発売時期や価格はまだ発表されていない。

記事・GQ JAPAN より引用

凄い車みたいです。乗ってみたいさ〜アハハハ

いくらするんだろう⁉️

常連のお客様、ご新規のお客様、お店のスタッフさん、プリメリア運転代行にお電話頂きありがとうございます。


またのご利用をお待ちしております。


℡  090-6859-4346