ハッピーバレンタイン

高カカオチョコの効果

最近は、乳酸菌入りとか高カカオとか、健康に良いチョコがあるんですね~

チョコ1億個貰えるはずアハハハ

チョコレートはお菓子というイメージが

ありますが


元々はカカオ豆をすりつぶした飲み物で

「薬」として使用されていた時代もあるように


チョコレートが健康に良いと言うのは

間違いありません。


チョコレートには

抗酸化物質(=老化防止)


と言われている

カカオポリフェノールの他に


カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などの

ミネラル分や食物繊維も含まれています。


またフラボノイドやテオブロミンなど健康に

良いとされる成分も含まれていますが、


これらの成分はどのチョコレートにも

という訳ではなく、


カカオが70%以上含まれているチョコレート

(高カカオチョコレート)に多く

含まれています。


この高カカオチョコレートに多く含まれる


カカオポリフェノールの効能は


① 動脈硬化を防ぐ

カカオポリフェノールには

お茶に含まれるカテキンと似た構造の


「エピカテキン」が含まれており

血圧を下げる

HDL(善玉)コレステロールを増やす


などの効果があることが認められ


動脈硬化を防止する効果が期待されています。


② ガン予防に期待

カカオポリフェノールの抗酸化作用が

体内の活性酸素により引き起こされると

言われるガンの効果に期待されています。


日本で一番患者数が多いガンは

胃がん(死亡者数は肺がん)ですが


チョコレートをたくさん食べる国は

死亡者数が少ないという研究結果が出ています。


③ アレルギーやリウマチ

ガンと同じように活性酸素により引き起こされる

アレルギーやリウマチにも効果があります。


春や近年は秋にも花粉症で悩んでいる方が多いですが

そのような方の活性酸素を抑える働きがあります。


④ 認知症予防

脳に多く存在する「DHA」の酸化に効果がり

認知症の予防の効果も期待できます。


⑤ 紫外線から肌を守る

こちらも抗酸化作用によるものです。


カカオポリフェノールの以外の効果は


 咳(せき)を抑える(テオブロミンの効果)

 脳卒中のリスクの低下

 肥満の予防

 歯周病予防の効果

 集中力、記憶力を高める作用

 疲労回復効果

 血圧の上昇を防ぐ効果


などが挙げられます。


「肥満の予防」に関しては

本当に?と疑問に思う方もいるでしょう。


食前に食べると血糖値がすばやく上昇するので

食欲が抑えられる効果があります。

(もちろん食べ過ぎは禁物です)

記事・健康一番より引用


℡  090-6859-4346


常連のお客様、ご新規のお客様、お店のスタッフさん、プリメリア運転代行にお電話頂きありがとうございます。


またのご利用をお待ちしております。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    スカイレーン (水曜日, 15 2月 2017 23:10)

    20分ちょいで来ると行って1時間待ち。電話して説明してたらいきなり電話を切る。こんな代行初めてでしたね。2度と使いませんので。

  • #2

    プリメリア運転代行 (土曜日, 18 2月 2017 17:59)

    お客様の事は覚えています。
    こちらも20分程待機し、お車も探しましたが見当たらず、諦めました。
    電話中に切れたのも、お客様から切ったのだと思ってました。

    お客様には不愉快な思いをさせてしまい申しわけございません。

    このような事がないように務めますのでよろしくお願い致します。

    ご指摘のコメント、ありがとうございました。