マニー・ラミレス

高知ラミレス、打撃成績は殿堂級も問題山積み…得票率21%と米紙予想

今季から独立リーグ・四国アイランドリーグ(IL)plusの高知で現役復帰することになったマニー・ラミレス外野手。インディアンスやレッドソックスなどメジャー現役時代には通算555本塁打を放つなどの活躍で、今年メジャー殿堂入りの有資格1年目を迎えた。


2017年度のメジャー殿堂入り選手は現地時間18日に発表される。それに先駆け、米有名紙「ワシントン・ポスト」電子版では「カート・シリング、バリー・ボンズら、物議を醸す野球殿堂入りの問題」という見出しで、候補者12人の今年度選出の可否について特集している。ここでラミレスの名前も登場し、選出は厳しい結果になると予想されている。


 ラミレスの殿堂入りに前向きな材料は、圧倒的な成績だという。歴代15位の555本塁打に加え、オールスターには12度選出、並み居る強打者が控えるア・リーグで3度も年間最高OPSを記録しており、「驚異の打撃成績が飛び出した時代でも、ラミレスは球界最高の打者の1人として傑出している」と称賛されている。


 ポストシーズンの成績も抜群で、インディアンス時代とレッドソックス時代を合わせてプレーオフには11度出場。レッドソックスでは2度ワールドシリーズ制覇を果たし、ポストシーズン通算29本塁打は歴代最多だ。「彼の打撃成績のみにフォーカスすれば、マニー・ラミレスが殿堂入りクラスの打者であることに疑いの余地は少ない」と評価されている。


2度のドーピング検査陽性反応「候補者として大きな問題」


 だが、残念ながら打撃面以外のアピールは乏しいという。「守備は下手で、走塁は輪をかけてひどい。フィールド上では不注意によるうっかりミスをよく犯した」と指摘されている。何よりも「殿堂入り候補者としてより大きな問題は、禁止薬物使用問題で2度出場停止となったことだ。2度目の出場停止が実質的に彼のキャリアに終止符を打った」とし、2度の禁止薬物使用問題が致命的になっているとの見解を示している。


 ラミレスはドジャース時代の2009年と、レイズ時代の2011年にドーピング検査で陽性反応を示していた。記事では、いわゆる“ステロイド時代”の代表的な存在とも言えるバリー・ボンズやロジャー・クレメンスも「公式のドラッグテストでは陽性反応は示していない」と指摘。「薬物使用に否定的な投票者が(ラミレスに)票を入れない理由になる」とし、殿堂入りは難しい結論づけた。


 特集では、得票率は21パーセントと予想。今回の特集に登場した12選手では、最も低い評価となっている。稀代の強打者は下馬評を覆し、殿堂入りを果たすことができるだろうか。結果は日本時間19日早朝に発表される。

記事・フルカウントより引用

レッドソックス時代に大ファンでした。

日本で野球するそうです〜観に行こう。

常連のお客様、ご新規のお客様、お店のスタッフさん、プリメリア運転代行にお電話頂きありがとうございます。


またのご利用をお待ちしております。


℡  090-6859-4346