炊飯器なしで御飯を炊く技

キャンプや災害時に知っていると便利な「炊飯器がなくても、簡単においしいご飯が炊ける、プロ技」!  紹介してくれたのは、キャンプインストラクター歴30年!  日本各地でキャンプの指導などを行っている東京都キャンプ協会副理事長の伊藤光太郎さんだ。

伊藤さんが教えてくれたそのプロ技とは、 食品保存用の密閉袋にお米と水をいれ、しっかりと封を閉じ、沸騰したお湯に入れて20分待つ  これだけ!  飯盒(はんごう)を使って炊くとお米の芯が残ってしまったり、火加減に失敗して焦げだらけになってしまったりなど、おいしく炊き上げるのはなかなか難しいが、これは失敗知らずで超簡単だ。

おいしくできる分量はお米1合あたり200㏄の水。そしてちょっとしたコツは、密閉袋を閉じるとき、袋のなかに少しだけ空気を残しておくこと。こうすることで、袋の中でお米が踊るため、炊飯器で炊いたようなふっくらとした炊きあがりになる。

そしてこのプロ技最大のポイントは……中は飲み水でないといけないが、鍋などで沸騰させる水は川や海の水でも大丈夫なので、災害時など飲み水が少ないときは超便利!  密閉袋の中に肉や野菜などの具材と調味料を一緒にいれて温めれば、炊き込みご飯……カレーのルーと具材を入れ、ご飯を一緒に温めればカレーとご飯も一気に作れる。

      東洋経済オンラインより引用


暖かくなったら、ビーチパーティー(^^)v

キャンプとかでも この技使えそうですよね。

試してみましょうハハハ~


昨日お電話頂いたお客様、お店のスタッフさん『プリメリア運転代行』にお電話頂きありがとうございます。


  ℡ 090-6859-4346