肩こり

30代で発症することも…"四十肩"や"五十肩"の原因と予防

ある日突然、肩が痛くなって腕を動かせなくなる「肩関節周囲炎」。40代以上になると起きやすくなるので、一般的に"四十肩"や"五十肩"と呼ばれていますが、30代で発症することもあるといいます。

原因は、加齢による関節組織の変性、ホルモンバランス、血行障害などと言われていますが、はっきりとはしていないそう。ただ、利き手ではなく動きが少ない方の肩で起こりやすい傾向にあるといわれています。

予防のためには日頃から肩を動かしておくことが大切だとか。


自分、若者だから肩こりしませんよ~。

ハハハ~冗談です。

肩こりもしますし、腰痛もあります。

運動しないといけませんね~ハハハ~


昨日お電話頂いたお客様、お店のスタッフさん『プリメリア運転代行』にお電話頂きありがとうございます。


  ℡ 090-6859-4346