マックシェイク

プリメリア運転代行 看板犬シェイクと同名のマックシェイク(^^)

突然、飲みたくなります。

シェイクとマックシェイク、どちらもハマってます♪ハハハ

自分、バニラ味が好きです。


現在、「バニラ」、「チョコレート」、「ストロベリー」の3種類が常時販売されている。かつて(1990年代初頭まで)は「ヨーグルト」も常時販売されていた。このほか、期間限定で特別な味のシェイクが販売されることもある。 栄養成分は、バニラのSサイズで、エネルギーが206キロカロリー、たんぱく質が5.3g、脂質が1.3gである[1]。

マックシェイクが開発された当初は保管用の大型冷蔵庫とシェイクの在庫だけで、店舗面積の25%が占有されるほどの大きさであった[2]。シェイクの濃縮液を自動的にシェイクする装置の導入や容器の見直しなどをはかり、効率化を進めた[2]。 味については、殺菌温度、氷と水の結合度合い、乳化剤・安定剤の混合比率、空気の配合具合などでどれが最適化を調べ[3]、冷たさ・甘さ・のどごし・清涼感からシェイクのおいしさを追求した[3]。 さらにこだわったのがシェイクを飲むときの人間の吸引速度の研究であった[3]。この研究から「母乳を飲む速度」を理想であるとした[3]。これは、母乳のスピードは人間が口の中にものを吸い込むとき最もおいしいと感じると結論づけたためである[3]。 この母乳のスピードを実現するために、通常のストローより一回り大きいストローを使用している[3]。マックシェイク用ストローの内径は0.279±0.002インチ(7.0866±0.05mm)、厚み0.0075±0.0075インチ(0.19±0.19mm)、重さ0.8g±5%と定めている[3]。

         Wikipediaより引用